フリーランス・SOHOのための人柱サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOにいい!? IPアドレス分散無制限のレンタルサーバー

フリーランサーでも、わたしのように1人で複数のサイトを運営している人にとって、SEOというのは興味のあるジャンルではないでしょうか?

特に最近はGoogleさまのアルゴリズムもかなり優秀になっていて、不用意なSEOでもしようものなら、あっという間にスパム判定されてしまうこともあると思います。

SEOに関しては、その時々でトレンドがあるようで、「日本語ドメインが強い」とか「継続的な被リンクが必須」とか「一気に100リンク付けたら上がった」とか・・・。
とにかくいろいろな話を耳にします。

今回のトピックスである「IPアドレスの分散」も最近特によく聞くSEO周りのワードです。

IPアドレスの分散は、被リンクサイト(サテライトサイト)からメインサイト(ターゲットサイト)へリンクを送る際に有効だと言われています。

IPアドレスの同じ複数ドメインの被リンクサイトから、メインサイトへ向けてリンクを送ることは不自然ですよ~。
だから被リンクサイトのIPアドレスはバラして、バラバラの一見無関係の複数サイトからリンクを送ったように見せかけないといけませんよ~。

というのが、IP分散の主旨です。

ただ、これの真偽のほどは定かではありません。

ちなみに、私の所有しているサイトで、狙ったキーワードで検索上位に来ているサイトは、ほとんど人工的なリンクを当てていません。
だからIP分散とか言う以前の話なんですよね~。

でも、世の中にはSEOに非常に神経質になっている人たちもいて、そういった人たちは複数のレンタルサーバーを契約して、そこに被リンクサイトをバラしてのせて、お金をかけてIP分散をしているようです。

ちなみに・・・

IP分散だけが目的であれば、何も複数のレンタルサーバーを契約する必要はありません。

1つのサーバー契約だけで、ドメインごとにIPを分散できるサーバーがあるからです。

 

CPIレンタルサーバー

 

このサーバー、一度に複数ドメインを登録すると、Dクラス分散という一番分散レベルの低いIP分散になるのですが、1週間程間をあけながら複数ドメインを登録すると、Cクラス分散という1つ上のレベルの分散が可能になっています。

しかも、マルチドメイン無制限、サーバー容量無制限なので、その筋の人からしてみたら理想のスペックですよね。

ただ、デメリットとしてはちょっとお高いです。(爆)

ドメインの数が100を超えないとお得感は出づらいかもしれません。

それでも、複数のサーバーを契約するわずらわしさはないですし、データーベースも無制限なので、ワードプレス設置し放題です。w

WPに関してはカンタン設置ツールもついてきますから、インストールの煩わしさも(あまり)ありません。

このあたりに魅力を感じて契約しても良いかも知れませんね。

一応さがしましたが、同じくらいの価格帯で、このサーバーと同様のことができるサーバーはありませんでした。

それでも、なぜかあまり有名じゃないのが不思議です。



関連記事

ツイッターフォロー

管理人@darumatch

現役コピーライター。広告業界で働き始めて早20数年の50代男性(おじさん)。

PR