フリーランス・SOHOのための人柱サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームプロ(Homepro)の評判は? リフォーム一括見積サイトの真実

ネットの口コミ・評判は参考になりますが、どこまで信じていいのかわからない点も多々あります。

最近見たネットの評判ですごかったのが、ホームプロというリフォーム一括見積サイトの評判です。

もう、ケチョンケチョンでした。。

簡単にいうと、加盟している業者の質が悪いとか、ホームプロの対応が悪いとか、そういうことなんですが、その口コミ(クレーム?)もかなり激しいものでした。

ただ、こういうネットの書き込みを全部信じるのは危険です。
なぜなら真偽を確かめようがないからです。

もしかしたら、ホームプロのライバルが悪い噂を流しているだけかもしれません。

そこで、ネットユーザーのみなさんは、できるだけ事実かどうかを確かめられることを拠り所にして判断するのがいいと思います。

具体的にどうすればいいのか?

たとえば、公式サイトなど公開されている情報から「保証」に関する情報を確認するといいでしょう。

 

■リフォーム一括見積サイトの「保証」比較

実際に、ホームプロと、他のリフォーム一括見積サイトの「保証」に注目して比較してみます。

▼ホームプロ
ホームプロの保証は「工事完成保証」という保証です(無料)。
これは、その名前の通り、工事の完成に対する保証です。
たとえば、一度工事に着手したリフォーム業者が、工事の完成前に倒産した場合などに、手付金の返還や代替会社の対応などでカバーするというものです。

注意してほしいのは、工事が完成した後に工事ミスが発覚しても、それに対して保証はしてくれないという点です。

ちなみにホームプロのネットでの評判には、ホームプロ経由で一度完成した工事でミスがあったため、業者に補修させていた途中で、その業者が倒産したのでホームプロに連絡したところ「既に加盟業者を外れているので保証できない」と言われた。
というものがありました。

これが本当なら、ヒドイですね。。。
既に一度完成しているので、「工事完成保証」が適用されなかったのでしょうか。

 

▼リショップナビ
リショップナビの保証は「安心リフォーム保証制度」といいます。リショップナビ運営元のアイアンドシー・クルーズが、大手損害保険会社と共同開発したものです。
万が一工事ミスがあった場合の再工事費用をカバーする保証で、リフォーム工事完了後1年以内に、工事瑕疵が発覚した場合に損害が補償されます。
特筆すべき点は、工事をしてもらった会社が倒産した後に工事ミスが発覚した場合でも適用される点です。
リショップナビでは、加盟会社に「安心リフォーム保証」を導入していますが、ユーザーは工事発注前にリフォーム工事会社に、保証に入りたいと伝えて加入手続きをする必要があります。

リショップナビ 見積もり

 

▼リフォーム・オウチーノ、タウンライフリフォーム
リフォーム・オウチーノと、タウンライフリフォームは、「リフォーム瑕疵保険」の利用が可能です。

「リフォーム瑕疵保険」は、リフォーム工事に瑕疵が発生した場合、補修費用の一定割合が保険金として支払われます。また、リフォーム会社が倒産等の事情により瑕疵の補修等に対応できない場合は、リフォーム工事を発注したユーザーに対して、保険会社から直接保険金が支払われます。

リフォーム・オウチーノの加盟リフォーム会社は「リフォーム瑕疵保険」の登録事業者です。ただし、個別の案件については工事着工前に登録事業者に依頼し、保険に加入する必要があります。

オウチーノリフォーム

タウンライフリフォームの「リフォーム瑕疵保険」も加入は任意です。なので個別に加入手続きをしなければいけません。
タウンライフリフォーム

 

■まとめ

ホームプロの「工事完成保証」は無料ですが、あくまで工事完成までを保証してくるものです。工事が完成した後の瑕疵は保証してくれません

リショップナビの「安心リフォーム保証」と、リフォーム・オウチーノ、タウンライフリフォームの「リフォーム瑕疵保険」は、保証金額の差はあるでしょうが、ほぼ同じと考えてよさそうです。

ただ、「安心リフォーム保証」も「リフォーム瑕疵保険」も有料で別途加入する必要があります

個人的な意見ですが、リフォームにそれなりに大きなお金をかけるのであれば、工事完了後の瑕疵を保証してくれる保険には加入しておいた方がよいでしょう。

いくらリフォーム一括見積サイトのHPで「当社独自の厳格な審査を通過した業者だけを」と書いてあっても、実際のところどこまで信じてよいのかわかりません。

ただ、リフォーム一括見積サイト自体は便利なシステムですし、登録しているリフォーム業者も大多数が誠実な業者さんだと思います。

かしこく、上手に付き合ってください。

関連記事

ツイッターフォロー

管理人@darumatch

現役コピーライター。広告業界で働き始めて早20数年の50代男性(おじさん)。

PR