フリーランス・SOHOのための人柱サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野郎ラーメン新橋駅前店に行ってきたっす

昨年から炭水化物を控えめにするダイエットをしている。と言ってもごはんやラーメンを全く食べないというわけではなく、基本的に朝と昼は7~8分くらい、夜は約半分に減量している。

実際にそれでやせるのかと、いぶかる人もいるだろうが、実際にやせた。

厳密にいうと、炭水化物を減らしながら、ジムに通っていたので、食事と運動の両方でやせたということなのだが。

というわけで、夜にラーメンはここ1年間食べていない。

しかし、昼までラーメンを控えるほどストイックではない。

しかもラーメンを食べるとなると、8分目でやめてあとは残すということができない性分なので、結局全部食べる。

ただ、このお昼にラーメンいっぱいを気兼ねなく食べるというところに、ささやかな喜びがあったりするのだ。

で、さっそく本題なのだが(爆)、今日はじめて「野郎ラーメン」を食した。

場所は新橋駅前店。新橋駅のSL広場の方の出口を出ると、斜め左前方に「野郎ラーメン」という看板が出ているから、誰も迷うことなくいけるだろう。

そもそも「野郎ラーメン」というのは、「次郎ラーメン」のインスパイアなのだそうだ。

インスパイアって、なんぞや???

というと、つまりはオマージュというか、まねっこというか、とにかく次郎ラーメンみたいなラーメンで、ちょっとオリジナリティ足しました。という感じだろう。

実は次郎ラーメンはもう10年以上前に1~2度食べたことがある程度だ。1~2回で済んでいるのだから、ハマっていないのは明らか。

別にマズいとも思わなかったし、おいしいとは思ったのだが、ハマるほどではなかったというのが偽らざる感想なのだ。

そんな私が、なぜ次郎インスパイア系の「野郎ラーメン」を食べようと思ったかというと、自分の中でひそかなラーメンブームが来ているからだ。

そのブチブーム到来のきっかけとなったのが、「横浜家系ラーメン 壱角屋」だ。

打ち合わせの帰りにふらりと入って、ハマってしまった。

実はこれまで家系ラーメンというのを食べたことがなかったのだが、食べてみたらおいしくてハマってしまった。

なので、食わず嫌いはいけないと思い、これまであまり食べてこなかったが世間では割とメジャーなラーメンを食べることにしたのだ。

というわけで、これまでほとんど口にしたことがなかった次郎系のラーメンを食べようと思ったというわけだ。

で、実際に「野郎ラーメン」を食べてみた感想だが・・・

やっぱり、まずいとは思わないし、おいしいと思うけど、ハマるほどではない。

というもの。

ま、これもチャレンジしたからわかったことなので、これからも未開拓なラーメンを食べていこうと思う。

次は蒙古端面中本かな?

関連記事

ツイッターフォロー

管理人@darumatch

現役コピーライター。広告業界で働き始めて早20数年の50代男性(おじさん)。

PR