フリーランス・SOHOのための人柱サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大沢樹生の托卵事件もしかしたら他人事じゃないかもよ?

2015.11.21

大沢樹生の息子が血がつながっていなかったという事件、いわゆる「大沢樹生托卵事件」ですが、裁判では一応の決着がついたみたいですね。

これまでもDNA検査では父子の確率0%だとわかっていたんですが、喜多嶋舞や息子本人が医学的な根拠もなく「父親は大沢樹生だ」とゴネていました。

根拠もなくゴネるあたりがクソビッチっぽいですね。笑止です。

それじゃあ、法定で白黒つけようやっていうことで、裁判にまでなって、結局は大沢勝訴。

これから慰謝料請求やら、これまで血のつながらない子どもを実の子とだまされて育ててきた養育費の返還請求などまで進むんじゃないかと話題になっています。

ところで、この話を他人事のように見ていてはいけません。

子どもの容姿や身体的特徴に自分や自分の血縁と似たところがあって、確かに自分の子どもだと確信できるならそれで良いのですが、もしも少しでも「似ていないな」と感じたら托卵かもしれませんよ。

できればこどもが小さいうちにDNA検査をしておいた方が良いかも知れません。

というか、子どもが大きくなって事情がわかってから托卵だと知るよりは、物心つくまえにはっきりさせておく方がお互いのためってものです。

なので、子どもが生まれたらできるだけ早い時期に検査してしまいましょう。

もしも奥さんが嫌がったら「やましいことでもあるのか!」と一喝してやればいいんです。

ところで遺伝子検査って最近は自宅でできるって知っていましたか?

父子の判定ができるかどうかはわからないのですが、テレビで遺伝子検査ができるキットがあるとやっていました。

ちょっと調べてみたところ、以下がその検査キットのようです。

⇒ 子供の遺伝子検査キット

奥さんには「子どもの育て方を考えるときの参考になる」とかなんとか言って、検査してみてはどうでしょうかね?

その後に修羅場が待っていても私は責任持ちませんけど。w

関連記事

ツイッターフォロー

管理人@darumatch

現役コピーライター。広告業界で働き始めて早20数年の50代男性(おじさん)。

PR