フリーランス・SOHOのための人柱サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonプライムに続いてdマガジンを契約した件

以前このブログでもご報告しましたが、Amazonプライムを契約しました。

あれからしばらく使ってみて、もう手放せないサービスになっています。

何せ無料で観られる映画やテレビ(のバックナンバー)は多いし、年間3,000円台という価格がありえないほどリーズナブルだし。

最近は仕事中のBGMもAmazonプライムのプライムミュージックで済ませています。昔の有線放送みたいな感じです。

しかしこのサービスのおかげで、TSUTAYAは売上落ちてるんじゃないですかね?

心配になります。

 

そんななか、またメディア系の定額サービスに申し込んでしまいました。

それがdマガジンです。

dマガジンのdは、ドコモのd。というわけで、NTTドコモのサービスですね。

最近は通信インフラだけじゃなく、コンテンツの方にも力を入れています。

そんなdマガジンですが、実は私はタブホという競合サービスも使っています。

どちらも雑誌がスマホやタブレットで読み放題になるというサービスです。

雑誌って、ものにもよりますが、結構かさばりますし、読み終わったらたいていはゴミになってしまいます。

なので、電子媒体との親和性はむちゃくちゃ高いと思っていました。

が、なかなか気に入った雑誌の読み放題サービスと出会えなかったのです。

唯一タブホがいいかな? と思ったのですが、使ってみたらイマイチでした。

タブホのイマイチなところは、基本的にパソコンで読めないところ。

パソコンだけじゃなくて、Windowsタブレットにも対応していません。

対応OSが、iOSかAndroidなので。

だから、雑誌の細かい文字を読もうとおもったら、画面の大きいタブレットじゃないとちょっとつらいのです。

電子雑誌を読むためだけにiPad Proとか買うのはあんまりだ…。

なので、iPad2で読むんですが、それでも文字が小さいので、いちいちピンチアウトしないと読みづらい。

タブホがパソコンで読めればいいなとずっと思っていました。

 

そんな私の不満を解消してくれたのがdマガジンです。

dマガジンはパソコンのブラウザで閲覧することができます。

しかも、画面の中央をダブルクリックすると、拡大表示してくれます。これで小さな文字もよく読めるのです。

提携している雑誌もかなりいい感じです。

個人的に一番うれしかったのは、CanCamが読み放題に入っていること!

CanCamは何かと今時の20代女子の好みをリサーチするのと、山本美月を見るために毎号読みたかったのですが、40代のおじさんがあの重たい雑誌を本屋で買う勇気もありませんし、意外と高いですからね。

そのCanCamが毎号パソコンで読める。これはもうdマガジンさまさまです。

 

冗談はこれくらいにして・・・

ともかく、ITやファッションや経済やその他もろもろのトレンドを追うときに、ネット媒体だけではどうも不十分だなと感じたときに、網羅的に情報をとれる媒体を読み放題できるというのは、本気でいいサービスです。

月額400円。コスパもいいと思います!

関連記事

ツイッターフォロー

管理人@darumatch

現役コピーライター。広告業界で働き始めて早20数年の50代男性(おじさん)。

PR