フリーランス・SOHOのための人柱サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナス金利の今、東京都内のレゴ投資家に朗報!

マイナス金利、まいりましたね。

銀行にお金を預けていても増えませんよ。ま、これは以前からそうなのですが、今後は口座を持っているだけで口座維持手数料という余計なお金を取られるかもしれません。

こうなったら、本格的にローリスク、ミドルリターンの投資を考えないとヤバイです!

そこで、このブログで再三ご紹介してきた「レゴ投資」の出番です。w

レゴブロックという経年劣化の少ない商品を購入して長期保存しておき、しかるべき時期にネットオークションなどで高値で売りさばき、その差益をいただこうという投資手法のことです。

このレゴ投資で最も重要なのが商品選定です。

レゴの中にも、値上がりするレゴと値上がりしないレゴがあります。

基本的に人気があって、供給が少ないモデルが値上がりしやすい。当たり前ですね。

どのモデルが人気が出るかは、基本的に現在値段が上がっているレゴのモデルと似たモデルを探せばOK。

供給が少ないモデルは、ズバリ日本で手に入りにくいモデルです。

とは言え、今はネットを駆使すれば手に入らないモデルはほぼないのですが、投資として考える以上、仕入れ値は低く抑えたいもの。

ではどうするか?

ズバリ、日本でも一部の店舗でしか扱っていないモデルを狙うこと!

ご存じのように、レゴは世界中で売られています。でも、発売されているモデル全部が日本で買えるわけではありません。

たとえ、日本で買えるモデルでも、レゴの専門店でしか買えないモデルもあります。

つまり、普通のおもちゃ屋や、トイザラスや、ビックカメラや、ヨドバシカメラなどでは販売していないモデルが買えるお店が日本にはいくつかあるということです。

それが、レゴ専門店。

そのレゴ専門店にも今は2種類あります。

1つはクリックブリック。これは以前からあったレゴ専門店です。

今、クリックブリックは日本全国に約40店舗ほどあります。

そしてもう1つのレゴ専門店、これがレゴストアです。

レゴストアは、2016年2月初旬の段階で、日本に3店舗しかありません。

埼玉県に2店舗、大阪府に1店舗。

なんと、東京にはなかったんですね!

そんなレゴストアが、ようやく東京にオープンします。

レゴストア六本木店です。

 

ちなみに、クリックブリックとレゴストアでは、どちらがレアアイテムをゲットできる確率が高いか?

はい、もちろんレゴストアです!

レゴストア先行販売で、その後クリックブリックでも販売というケースもありますし、レゴストアだけでしか買えないモデルもあります。

つまり、レアアイテムを手に入れるには、レゴストアに行けばいいということ。

ちなみに、今度オープンする六本木店では、#10251 Brick Bank(レンガの銀行)が発売されることが決定しています。

 

まだ、レゴストアでしか手に入らないレンガの銀行、このままクリックブリックや量販店で正規販売されないようであれば、将来値上がりするかも知れませんよ~。

関連記事

ツイッターフォロー

管理人@darumatch

現役コピーライター。広告業界で働き始めて早20数年の50代男性(おじさん)。

PR